在校生・保護者の皆さんへ

台風のとき、警報が発令されたら・・・・

 

警報の発令に伴い、自宅待機になるかどうかは次のポイントを確認してください。

1 登校以前に「愛知県尾張東部」、「西三河北西部」のいずれかに暴風警報が発表されている場合は、
  自宅待機。

2 午前6:30から11:00までに暴風警報が解除されれば、解除から2時間後に授業・行事を開始する。

3 登校以前に「愛知県尾張東部」、「西三河北西部」のいずれかに特別警報が発表されている場合は、
  自宅待機。

警報発令による対応の詳細は、東郷手帳(TOGO-LIFE)P.8 に記載されています。



インフルエンザ等の感染症にかかったら・・・・

 

1 医療機関で受診し、医師の指示する期間は登校せずに療養してください。

2 学校感染病で欠席した場合は、登校してはいけない期間(出校停止)として取り扱いますので、
  必要な書類を整えて学校(担任)に提出してください。

     

                                   
学校感染症について感染症の種類と出席停止の期間(参考)
病    名 出席停止期間
第1種 エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘瘡、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリ及び重症急性呼吸症候群(病原体がSARSコロナウィルスであるものに限る。) 治癒するまで
第2種 インフルエンザ 発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで
百日咳 特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
麻疹 解熱した後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎 耳下腺、顎下腺または舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで
風疹 発疹が消失するまで
水痘 すべての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜熱 主要症状が消退した後2日を経過するまで
結核 医師が感染のおそれがないと認めるまで
髄膜炎菌性髄膜炎 病状により学校医等において感染のおそれがないと認めるまで
第3種 コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸症候群、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎急性出血性結膜炎、その他の伝染病 医師が感染のおそれがないと認めるまで

提出する書類

次のもののうちのいずれか一つを、登校後、担任に提出してください。

・医師の診断書
・医師の診断書に代わるもの(薬の処方箋のコピー等)
・本校の定める書式の証明書

(※証明書は担任から受け取るか、以下の証明書をプリントアウトして使用してください。)

  本校が定める書式の証明書


ページのトップへ戻る