体育大会

 校訓「さとく、ゆたかに、たくましく」の実践の場とし、全員参加、学年別クラス対抗の形式で行っています。

令和元年度体育大会

 6月12日に予定されていた体育大会はグラウンドのコンディション不良により、翌日の6月13日に開催されました。 当日の天気は絶好の体育大会日和となり、多くの生徒が早朝から協力して準備に取り掛かりました。
 開会式では校長先生の挨拶に始まり、次に東郷町長さん、PTA会長さんから激励のお言葉をいただきました。 開会式が終わり全学年で準備体操を行った後に、応援団による一斉応援が披露され、生徒の息の合った手拍子がグラウンドに響き渡りました。 最初の競技は体育大会の花形とも言える100メートル走です。多くの声援を受ける中、生徒達がグラウンドを駆け抜けていきました。 昼食後、3年生によるクラス対抗の応援合戦で3年7組が東郷体操を踊り、会場内の笑いを誘いました。1番の盛り上がりを見せたのは綱引きで、女子の部では2年生が1・3年生に勝ち、男子の部では、1年生が2・3年生に勝ち、全学年が優勝ということになりました。 部活動対抗リレーでは、教育実習生の先生が急遽参加になりました。
 日差しが強い一日でしたが、熱中症や体調不良者などは出ず、つつがなく体育大会は終了しました。日程がずれたのにもかかわらず、多くの保護者の方に御来校いただき感謝申し上げます。

(生徒会)

 
ページのトップへ戻る